AX
副産物ではあるけれど・・・枇杷の実♪
- 2013/10/10(Thu) -
ラミティエに使うハーブは、できるだけ自家栽培したいと思っています。

見た目と違って、土や草や陽射しに負けてしまうひ弱な肌なので、

思いだけでなかなか進まない「夢」ですが、

この春庭の隅に「枇杷の苗」を植えました。


野菜を作っている場所のすぐ横なので、施肥はしていないのですが、

ちゃんと根着いてぐんぐん育ってくれてるようで、

先日、なんとツボミを発見!!


005_20131010074915a8f.jpg


こんな小さな苗なのに・・・なんと健気な♡

実を生らせるのは負担になりそうで・・・摘まんでしまおうか?

でも、どんなふうに育つのか?その過程も見てみたい。

・・・迷っています^^


007_2013101007465270d.jpg


東城百合子さんの著書の中に、

3千年も昔から、涅槃経(ねはんきょう)などインドの古い仏典の中に、
びわは大変優れた薬効を持ち生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。
びわの樹は「大薬王樹」、びわの葉は全ての憂いを取り除く「無優扇」
と名付けられていたことからも、その癒しの力の絶大さが、
すでにこの頃からあまねく知られていたことがうかがわれます。

と、書かれています。


私も、虫に刺されや擦り傷に、枇杷の葉エキスを愛用しています。

エキスや枇杷の葉シア馬油が、自家栽培の枇杷の古葉でできたら素敵だなぁ。

たくさん採れるようになったら石けんも作りたい・・・。


枇杷って逞しいので、きっとすぐですよね。

枇杷の葉ファンのみなさん~楽しみにしていてくださいね。


004_20131010074651dce.jpg


コンパニオンプランツとして植えた(夫が)マリーゴールドが昨日の風にもめげず、

信じられないくらいもりもり元気に花を咲かせています^^



みなさんのところは、風の被害はありませんでしたか?

この記事のURL | 日々のこと | CM(0) | ▲ top
<<アンズファミリー | メイン | オランジェットのような・・・>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |