AX
そして奈良へ
- 2012/11/29(Thu) -
上賀茂の手作り市をゆっくり楽しんで、

午後から奈良へ向いました。


翌日は予報通り雨・・・

fc2blog_20121128171816b6e.jpg

奈良公園・ならまち散策・飛鳥などの予定を変更して、

法隆寺に向かいました。


平日の雨の法隆寺界隈はひっそりと静まっていました。

こんなありがたいところで、人々は毎日どんな気持ちで暮らしているのかしらね。

などと話しながら法隆寺界隈をひとまわり。

住宅が密集したなかをせまい道が入り組んでいます。

車一台やっと通れるような裏路地に入り込んで、

クランクを2回曲がり、3つ目のクランクを抜けたら、

少し広い道に出る・・・と思ったらそのクランク・・

簡単に抜けられるクランクではなかったのです。


車幅いっぱいの道右90度曲がり、左はフタのない側溝、右はブロック塀。

行くか戻るか(塀はないけどクランク2つ、バックはきつい)思案していると、

両脇の家の人達が出てきて

『「狭い!」って看板があっただろう』

『なんでこんなところまで入ってきた?!』

『ここは通れんのや』

『あぁ~ぁ、ウチの塀はいいけど車傷つけんといてなぁ』

とまぁ、入って来てはいけないところに、迷い込んでしまったようなのです。


だからって、ここで立ち往生していてもどうにもならない。

今できることをするのみです!

私が外に出て、状況をみて娘に指示。

左は側溝・・・落ちてもレッカー車など来てくれません。

そしてその先には縁石が。

右は遍歴を物語るブロック塀。

小刻みにハンドルを切る娘の横50cmのところで、

「どんなに頑張ってもここは通れんのや」

「こんなことになって、どうすんのや?どうすんのや?」

と、ありがたい応援。


切り返しをすればするほど、ブロック塀がせまって来ます。



バックでクランクを2つ抜けるより‘前進’!

この選択は失敗だったっか?

もうほんとうにニッチもサッチも行かない状況。

大仏様にお越しいただいて摘みあげていただくしかないのか~

心の中は’後悔‘一色。


でも諦めるわけにはいかないのです。(娘の運転&娘のマーチ、なのですから)

やれるところまでガンバル。

支持した通りにハンドルを切り、小刻みに前進・後退を繰り返す娘。
(聞こえるのは私の声だけ、外野の応援に貸す耳はありません^^)


何度切り返しても左の縁石に阻まれて、切り返しも無意味か?

それでも続けるしか手はない状況。


前後左右の状況をみて切り返詩を繰り返し、

左縁石を何とか抜けられました。


やった~!

通れるっ!!

その瞬間、ブロック塀との距離は5cm。



「絶対に通れん」と太鼓判を押されたクランクを、無傷で脱出できたのです~(^^)v

ご近所さんには、大変お騒がせしましたが、
(がっかりしていたようにも見えるのは、気のせいであってほしい)

困難な状況から、ふたり力を合わせて抜けられた喜びと達成感で、

雨の憂鬱も、風邪ぎみだった喉の違和感も、

どこかに飛んで行ってしまいました。


清々しい気持ちでお釈迦さまにお礼と報告をさせていただけたことが、

何よりも印象に残る奈良旅でした。


東大寺の鹿も可愛かったし、

fc2blog_2012112東大寺

工場跡事務室も素敵でしたけど、

20121125工場跡事務室


またひとつ大事なことを学ばせて頂きました。


‘諦めない’こと。



あ・・・その前に、へんな所に入り込まないことも、大事ですけど^^



この記事のURL | 日々のこと | CM(0) | ▲ top
<<明日から3日間 「なちゅらるはんどめいど」に出展させていただきます | メイン | 上賀茂の手作り市>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |