AX
あの頃のまま・・・
- 2007/03/29(Thu) -
明けましておめでとう。

お元気ですか。
    お元気ですか。
        お元気ですか。

と、応えのない問いかけを続けて30年。



今日、中学校時代の友人からたったひとこと
‘ご無事でしょうか’
とだけ書かれた葉書が届きました。

最後に会ったのは高校を卒業した頃。
以来、節目節目に手紙のやり取りはあったものの
北陸に移ってからは年賀の挨拶だけがお互いの消息を知る手がかり。
電話番号さえ告げないまま・・・
もちろん携帯NOもメルアドも知る術もなく。


‘ご無事でしょうか’

あの頃のままの文字で。


差出人の住所の下に小さく書かれた電話番号が、彼女の気持ちを語ってた。

夜を待って電話をしたら、ご主人らしき人が
「聞いてます。心配してました。」
と。

彼女は・・・留守でした。
病院で人工透析を受けていると。


春の日。
ヒバリのさえずりを聞きながら
利根川の土手のクローバーの上に寝転んで青空を見上げた。

思わず
‘抱きしめたくなる’
ほど、男の人を好きになったのは彼女が先。

いちごみるくが大好きで
ふたりで一袋食べてしまったら
舌がピリピリ痛くなって・・・


‘あの頃のまま’なのは想い出の中だけ・・・なのね。

ちょっと泣いた夜でした。



この記事のURL | 名称未設定_0 | CM(12) | ▲ top
<<黄砂 | メイン | 「あんてぃーく」 も無事でした。>>
コメント
--
思い出とは時に 楽しい気持ちにもなったり 切ない気持ちにもなりますね。
いつまでも あの頃のままで いられない 自分。そして友。
守るべきものを守るため 強くしなやかになっていく。
お互い あの頃の思い出を胸に 少しずつ大人になっていく。
どんなに大人になろうとも 友は必要ですね。
たとえ隣で 笑い合う事が 出来なくとも 友の笑顔を 思い浮かべ 心に灯りをともしながら。

お友達と笑顔で会える日が来るといいですね。
2007/03/29 02:53  | URL | shu #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちょっと切ないお友達のお手紙ですね。

私は昔の友達を思い出すときほど
今とは違う自分が過去から現れて
心が騒ぐことはありません。
ちょっとした行き違いから離れてしまった友達。
長く会えなくてもずっと支えてくれている友達。
大人になればなるほど友達の重みは増していきますね。
2007/03/29 06:43  | URL | アップル #9LpUWCrY[ 編集] |  ▲ top

-shuさん♪-
おはよう。

能登沖地震での安否を気遣う葉書でした。
たったひとことが切なくて・・・

私の中の彼女は、昔のままのあどけない笑顔なのに。
みな、それぞれの人生を生きて
それぞれに自分の荷物を背負っているのね。
当たり前のことですけど。

辛いときに、そばにいてあげられないどころか、辛い思いをしていることさえ知らなかった私なのに・・・
気にかけてもらえる資格なんて・・・ない。。

そう思ってはまた切なくなってね。

2007/03/29 07:59  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-アップルさん♪-
おはよう。
今日は雨が降ってます。

日常にまぎれて、置き忘れてしまったような・・・
でも、心の片隅にいつも彼女は居て・・・
長い人生の中で、その時々のシーンで友達はできるけれど、幼馴染は別格ですね。
共有した時間はわずかだったけれど、いつかお互いの人生を振り返って笑い会える日が来ることを思いながら、今日もそれぞれの日常を生きていくのです。

夢に出てきた彼女は、やっぱり昔のままでした。
2007/03/29 08:15  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-祈り-
お二人の友情に・・・心・・・あつくなりました。
苺ミルク・・・切なくも、はかない思い出。
心配してお便りをくださったお友達の気持ち。
透析をしている中で、一生懸命に認めたのでしょうね。
ありがたいですね。
風花さん・・・よかった・・・ですね。
きっと、旦那さまを通して・・・風花さんの気持ちは、お友達へと伝わっていると思いますよ。
切ない思いをした者同士・・・心も通じ合うはず・・・。
(*^^*)

お友達のお体・・・少しでもよくなりますこと・・・お祈りしていますね。
(祈)
2007/03/29 09:57  | URL | 雪国もやし #/K0PA3HI[ 編集] |  ▲ top

-友達だぁ-
一言だけなのに、お友達が心配してくれていることが痛いほど伝わってきますね。

私たちのように、携帯電話なんかなかった世代の人は、いざというときの色々な伝達方法が素敵だと思います。
電話がつながらなければ手紙で、住所がわからなければ、何かの目印を。
そうやっていましたよね。

時間の流れでそれぞれの生活がありますけど、かわらないものもあるんだよなぁ。って
いまさらながら感じました。
ありがとうございます。

お友達、風花さんの無事を知って、きっと力になったとおもいますよ♪
2007/03/29 15:56  | URL | ひかり #GaU3vP2.[ 編集] |  ▲ top

-いるのですね。-
ず~とはなれたままなのに、
どこかでつながっている、
そんな友人が。

それはかって共有したものが
大きな意味を持っていたのではないかしら。

だって抱きしめたくなるほど男の人をすきなったことを話し合えたのですから。

2007/03/29 17:03  | URL | こすもす #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-雪国もやしさん♪-
ちょうど社会人になった頃に、私たち家族は故郷を離れて名古屋に転居しました。
その後もしばらくは連絡を取り合っていたのですが・・・
それぞれ目の前のことに捉われる時期でもあったのでしょうね。

疎遠になっても、心の深いところでは原風景のようにあの頃のことは焼きついていて。
多分彼女も。
共有する‘今’がなくても、近況を知ることはなくても、元気でいてくれさえすればそれでいい。
「ご無事ですか」の言葉にそういう思いを感じました。
2007/03/29 22:43  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-ひかりさん♪-
この葉書、彼女らしいと思いました。
私だったら、どんなに心配しているかをくどくどと書いてしまう^^
短く簡潔な言葉だからこそ、熱いくらい伝わる心があると言うのに。

昔の情報伝達方法・・・新聞の尋ね人欄とか
「チチキトクスグカエレ」といった電報のような伝言板もありましたね。
あ・・・ひかりさん世代は知らないか(^○^)

おばあちゃんのお庭・・・感動したよ。
アルバムが出来上がったら見せてね。
2007/03/29 23:01  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-悲しくて腹立たしい-
学生時代の仲間たくさんいるんで中に幸せに成り損なった奴がいる。
そんな奴の噂、聞こえたりすると本当に辛いよね
2007/03/29 23:09  | URL | myan #HmTfQAuo[ 編集] |  ▲ top

-こすもすさん♪-
そうなの。
彼女とはいろんな話をしました。
彼女の家は農村にあって、その暮らし全てが珍しくて、休みの日は一日彼女の家で過ごしてました。
お天気の良い日は土手まで出かけて、雲が流れてゆくのを眺めながら、とりとめのない話をして・・・
「抱きしめたいほど好き」という感情はその頃の私にはわからなかったけどね^^

彼女と過ごした時間はかけがえのない濃密な時間でした。
あのひとことに込められた彼女の思い・・・泣けます。
2007/03/29 23:18  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-myanさん♪-
人は生まれながらにして平等・・・・では、決してないのですよね。
恵まれた環境に生まれ、順風満帆に生きてきた人は、負け犬と哂うけれど・・・。

お友達がたくさんいらしていいわね~
私は若い頃に家族ごとそっくり故郷を離れてしまったので、風も噂を運んではくれないの。

2007/03/29 23:25  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |