AX
イトトンボの羽化・・・玄関先で?
- 2011/08/23(Tue) -
緑色の小さなイトトンボ。


DSC08734C.jpg


昼過ぎからずっとそこにいるのは、横を通るたびに確認していました。


バタバタだった一日の夕暮れ時、ふとあることに気が付いてカメラを向けたら・・・

ふわっつつーっと、葉っぱの上に。



イトトンボがずっととまっていたメダカ鉢の縁には、ヤゴのカタチの抜け殻が。


DSC08753.jpg


状況から察するところ、このメダカ鉢で育ってここで羽化したものと思われます。

ずっとここにいたのは羽を乾かしていたのかな?

上手な初飛びの瞬間を見せて、葉っぱの上へ、

そして次の瞬間にはどこか遠くへ飛び去ってしまいました。



卵で越冬するとされるイトトンボ。

ということは、昨年の夏にここに産卵されたということですよね。

今年の春、水を替えた時に底石まで洗ったのですが、

大量発生していたアカムシを少し残しておいたのです。

きっとその中に卵が紛れ込んでいたんですね。



DSC08743.jpg


メダカと一緒に川エビやカワニナ、アカムシやヤゴまで。


DSC08738.jpg


このメダカ鉢を玄関先に据えて1年。

直径50cmの世界にもそれなりの生態系ができていることに、

ちょっと感動しています。

この記事のURL | 日々のこと | CM(0) | ▲ top
<<「金沢新聞おとめ記者」さん | メイン | 小松の隠れ家 「遊-Kitchen」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |