AX
連れて行ってあげたかったのは・・・
- 2006/11/27(Mon) -
新穂高ロープウェイに乗って・・・・

20061127214715.jpg

ここです! 
いつもは下から仰ぎ見るだけの北アルプスが目の前に!!



宿から眺めた焼岳の煙もこんなにはっきり見えます。

20061127214620.jpg

「元気になったら京都に行こうね」と、Yuiと入院中約束していました。
なのでこの秋はYuiとふたりで京都旅行を計画していたのですが、
父母がお見舞いに来てくれたときに新穂高の温泉にYuiを連れて行きたいと言っていたのに
「病院がないところは無理だから・・・」と断ってしまったことが気になって・・・

「行けそうだね」「行こうか?」「きっと喜ぶね」「今からでも間に合うなら行こう!」
という事で父母に電話したら・・・ちょうどキャンセル空きが出たところだという事で2週間前にあっさりと決まってしまったのです^^

温泉が大好きな父母は昨年秋に見つけた新穂高の谷旅館がお気に入りで、これで7回目^^
身体のあちこちが良くない母は、ちょっと前までは高山の朝市を散歩できたのですが、今では少し歩くと息切れがして、足も痛むので目的の宿で温泉に入ることだけが旅の楽しみになってしまっていました。
その上逆流性食堂炎なので思うように食べものが下りてくれないという厄介な身体。
でも、谷旅館の食事だけはすんなり通るという・・・父曰く「ゼイタク病」(^○^)

今回の旅行は父だけじゃなく私もYuiも居る。だから、父母ふたりではできないことをしてあげたい。
で、私が考えたのは「車椅子をどこかで借りて、高山の街散歩と新穂高ロープウェイに乗せる」ことでした。

当日の朝、あちこち電話してやっと見つけた「社会福祉協議会」が土曜日にも関わらず車椅子の貸し出しをしてくださいました。
ロープウェイ乗り場も車椅子用のスロープがあることも確認。

20061127231334.jpg
 
 「こんな高いところ生まれて始めて来た」
 と言って喜こぶ母と記念撮影。
 
 飛行機にも乗ったことがないし
 富士登山もしたことがないので
 ほんとうに生まれて初めてだったのです^^

新穂高ロープウェイはスロープがあるだけではありませんでした。
2機乗り継いで行くのですが、その都度係員の方がエレベーターまで案内してくださって、一般の乗客が乗る前に一番良い場所に乗せてくれるのです。
そして、エレベーターのないところには↓こんな昇降機まであって、見守りまでしてくださる親切さ。

20061127231414.jpg

母も父も今回の旅行で車椅子を使うことを知って、これから旅行の楽しみができたと喜んでくれました。
電車も大きな駅ならOKですし。

車椅子の使用は危険がいっぱい。なので危険な場面に出くわす度にしつこいほど注意すべきことを言ってきたのですが・・・わかってくれたかどうか^^
スーパーのショッピングカートを押して歩くような感覚なのでちょっと心配なのですが・・・。

この記事のURL | 写真 | CM(10) | ▲ top
<<奥飛騨温泉郷 新穂高温泉 「谷旅館」  | メイン | 初めての車椅子旅行>>
コメント
-美人母娘-
おはようございます。
Yuiちゃんも美人だけれど、風花さんもお母さまも美人ですね~! 美人って遺伝するのかしら・・・?

お留守の間に『記憶のカケラ』を娘と一緒に拝見してました。 「とっても心に残る写真ばかりだね。いいね~。」と娘が絶賛するので、私が撮ったわけでもないのに、なんとなく鼻高々になっちゃいました(笑)。 以前の『風花舎』といい、本当に写真集にならないかしら、と思っています。 『風花舎』から始まる日常の切り取られた1枚たちを手元において飽きることなく眺めていたい私です。
2006/11/28 09:29  | URL | SNAFKINわたこ #AjaIIGEw[ 編集] |  ▲ top

--
風花さん、こんにちは。
とってもいい親孝行が出来ましたね!
そして、車椅子でもいろんな所に行けるのが分かりました^^

2006/11/28 14:57  | URL | 京花 #Fm81lUyk[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。

風花さん はじめましてぇ~~☆
yuiさんも元気そうですね!
これはもう素敵な思い出ですねぇ~。
お天気も良く眺めも良くて全てが味方してくれましたね♪

車椅子。
そうですよね~。
私の祖母も足が弱いので
今度利用してみようかな。
手帳とかなくても大丈夫なんですよね?
高齢で足が悪いだけなので・・・。
そうしたら喜ぶだろうなぁ~。

みなさん、本当に嬉しそうな笑顔で、こちらまで微笑んでしまいました。^^
2006/11/28 16:06  | URL | ひかり #-[ 編集] |  ▲ top

--
わぁ~☆
親孝行出来て良かったですねぇ。。
その勇気が羨ましいです(*^^*)
父ももっともっと意欲があるといいのですが…病気に負けちゃ駄目ですね。。
yuiちゃんも元気そうでこっちまで明るくなれましたょぉ~(*^o^*)

2006/11/28 17:34  | URL | tenten #SVWlgnzY[ 編集] |  ▲ top

-わたこさん♪-
父もいい男なんですよ~
それに妹達も。美人姉妹でご近所では有名だったの。
・・・・・な~んてウッソ~ 一度でいいから言ってみたかったのよ~(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

「記憶のカケラ」をお嬢さんと?
それはそれは・・・なんと言っていいのか・・・
(マイナーな言葉ばっかりで、ごめんね^^)
わたこさん、私の素人写真を見てそこまで言ってくださったこと、私は忘れないよ~
ほんとうに、ありがとう。

去年のように時間があったらなにか形にできたのですが・・・ごめんね。
2006/11/28 19:29  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-京花ちゃん♪-
そうなのよ~
健常者だけで行動していると、どこがどんなふうにバリアフリーになっているのか気にも留めないけれど。
車椅子を利用することで世界が広がること、改めて感じました。
どこに行っても皆さん親切にしてくださって・・・
最初は恥ずかしがってた母でしたが・・・行って良かったです。
2006/11/28 19:35  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-ひかりさん♪-
わぁ~はじめはして~ですね♪
ちょっと恥ずかしいけどランチの方で顔を出しちゃってるので、開き直りました(^○^)

前日はもっといい日だったんですよ~
夕陽に染まった北アルプスを撮りたかったけど・・・我慢しました^^
この日は午後から雨になったのですが、ぎりぎりセーフでした。

車椅子。
私たちが借りたところは全国の市町村に必ずある「社会福祉協議会」通称「社協」と呼ばれている非営利の民間福祉組織です。
「ご相談したいことがあるのですが・・・」と窮状をお話しましたら快くお貸しくださいました。
日常生活利用でも長期で(無料)貸し出ししてくれるそうです。
この時父が持っていったのは印鑑だけです。
障害者手帳も、介護保険の認定もいらないですよ。
必要な人は(その市町村の住民に限定かも?)どなたでもサービスを受けることができるようです。

足が不自由だからと諦めなくてもいいのですよね~。
お祖母様を喜ばせてあげてください。
できれば介助者は複数いらした方が安全です。
車椅子利用について、ちょっとだけお勉強してからね。
2006/11/28 19:52  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-tentenさん♪-
はい!良かったです。
「親孝行ってね、親の為にするんじゃないね。自分の為なんだよね~」と、娘と話しながら帰ってきました。

tentenさん、少しずつですよ~
私の母はtentenさんのお父様よりずっと軽症なのですから。
病気になって、自分の身体が自分の思うようにならない。
それはとっても不安なことだと思うのです。

まず、その状況をご本人が心の底から受け止め、失ったものを数えることをやめたところから始まるのです。
まだ少しだけど歩ける・・・食べられる・・・話せる・・・文字が書ける・・・意志の疎通ができる・・・など、残された機能でどう生きるのかが。
2006/11/28 20:05  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

--
ロープウェイ山頂付近は寒かったことでしょう?
実は私の妻、社協の職員なんですよ~
地域は違うけど、何だか嬉しいです^^

ランチブログの高山の喫茶店
去年行きましたよ~(ひとりでね・・・)
2006/11/29 17:25  | URL | hi-de #Mvc4F1hU[ 編集] |  ▲ top

-hi-deさん♪-
(゜^゜)(。_。)ウンウン・・・寒かったみたいです~
車の中にあるありったけのひざ掛けやショールを母に着せて出かけました。
動き回ってる私は寒さなんて感じませんでしたけどね。

奥さん素敵なお仕事されてますね。
私の電話に応対してくれたのは男性職員でしたがとっても良い印象を受けました。
土曜の朝、まだ8時過ぎだというのに。

手風琴に行かれたの?
私はその隣の蔵のカフェに思い出があったから今回も行きたかったのですが・・・・そんな時はひとりがいいね。
2006/11/30 21:56  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |