AX
石けんの包装について
- 2008/08/18(Mon) -
風花地方の今日は(昨日)涼しくて過ごしやすい一日でした。
一昨日降った雨が猛暑を追いやってくれたようです。
雨に洗われた夏草が風にそよぎ、陽射しにキラキラと光って・・・
その陽射しにもどことなく秋の気配が感じられるようになりました。

陽射し・・・というと女性は‘紫外線=日焼け’をイメージするのではないでしょうか?
ここ数年、UVカットの手袋が初夏には品切れになるほどの売れ行きだとか・・・。
右腕だけ真っ黒!・・・にはなりたくないですものね~


08.08.17 075

実は、女性のお肌と同じように手作り石けんも紫外線は苦手なんです。
手作り石けんの色は、使用したオイルそのままの色であったり、オプション素材の色であったりするのですが、どれもが天然の色素なため、とても色褪せしやすいのです。
直射日光はもちろんNGですが、窓からの自然光や蛍光灯の光にさえも反応してしまうほど。

なので、遮光できる包装紙を使ってみることにしました。


08.08.17 053

これは↑愛媛に住むネット友達が送ってくれた‘みかんのジュース’とカレンデュラで作ったプレゼント用の石けんなんですが、出来たてはこのようにキレイな発色でも、今までの包装では、クラフト紙の帯の部分はそのままの色が残るのですがグラシン紙だけのところはどうしても色が抜けてしまうのです^^;

で、写真のような包装なら色褪せが防げるのではと。

写真では真っ黒に見えるだけですが、駄菓子屋さんの袋のような細い縞々の紙に蝋引きした、ちょっと厚手の蝋紙を取り寄せました。
昔、魚屋さんで使っていた懐かしい蝋引きの茶色い紙袋・・・覚えている人もいらっしゃるのでは?

駄菓子屋さんと魚屋さんのコラボのような包装紙・・・クラフト紙の帯ラベルにも似合ってくれたようです。
厚手なのでちょっと扱い難いのですが、これで出来立てのキレイな色のままお届けできると思います。


08.08.17 109

色褪せの心配がないものは、今まで通りのグラシン紙で包んで・・・ちょっと透ける感じが気に入っているので、使い分けするつもりでいるのですが、いかがでしょう?


この記事のURL | 名称未設定_0 | CM(4) | ▲ top
おねだり上手
- 2008/08/08(Fri) -
ただいま~♪


クンクン・・・

あ~っ♪

桃のいい匂いがする~

お母さん桃買ってきてくれたの?

どこどこ、どこにあるの?


08.08.08 017
この記事のURL | 名称未設定_0 | CM(2) | ▲ top
マルフジ の メロンボール♪
- 2008/08/08(Fri) -
これはもう~最高に贅沢な夏のデザートです。

08.07.30 006
この記事のURL | おやつ | CM(4) | ▲ top
総桐の小引き出し
- 2008/08/06(Wed) -
時々立ち寄る古道具屋で、可愛らしい小引き出しを見つけました。

ひと目惚れでした。

細工や柄、取っ手のデザインから察すると、昭和20年代の物ではないかと思います。
50年以上の時を経たとは思えないほど状態の良い物・・・なのは後になって判ったこと。

見つけた瞬間即決!! 私の物になるべき子だって^^

ランチ一回分の掘り出し物です。

08.08.06 047
この記事のURL | 昭和レトロ | CM(8) | ▲ top
「てづくりのお店」 出店
- 2008/08/03(Sun) -
野々市町役場2Fで開催された 「てづくりのお店」 というイベントに、紗麻さんが出店されました。

08.08.03 002
この記事のURL | 名称未設定_0 | CM(19) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ