AX
緑の小道を行くと・・
- 2007/04/30(Mon) -
爽やかな新緑のトンネル。
足元の草を春風がさわさわと揺らしていました。



その揺れる草の中に‘シロバナタンポポ’を発見♪

20070430070948.jpg

この‘シロバナタンポポ’はガクの反り返りのない在来種です。
見慣れた外来種のタンポポより茎が長くデリケートな印象を受けました。

20070430071005.jpg

20070430071108.jpg

同じ形で頭花の部分が黄色いタンポポも咲いていました。
これは‘シロバナタンポポ’の突然変異なのか?そういう品種なのか?
ここでは、やはり在来種で茎の短い品種のタンポポも咲いていて、3種類のタンポポを一緒に楽しめます。

20070430071155.jpg



3種類の在来タンポポが楽しめる場所はこちら
  ↓
この記事のURL | 写真 | CM(14) | ▲ top
漕ぎ出そう 光のなかへ
- 2007/04/27(Fri) -


20070427203850.jpg

20070427203905.jpg

20070427203915.jpg

20070427203942.jpg

20070427203953.jpg

20070427204000.jpg

今日は仕事をしているのがもったいないようなお天気でした。
夕方、信号待ちをしている私の目の前を、ボート部員らしいジャージ姿の学生の集団が、
自転車で楽しそうに走り抜けて行くのを見て 「今日は撮れる!!」 と確信しました。
仕事が終わるのは5時半・・・夕陽と競争です^^


撮れました♪

タイミング的に、年に一度撮れたらラッキ~♪な‘夕陽とボートのコラボ写真’です。

☆夕焼けはおまかせ~♪の Nikon COOLPIX E8800 画像です。
この記事のURL | 夕暮れ | CM(26) | ▲ top
スイバの花
- 2007/04/26(Thu) -
河原や田んぼのあぜ道などで見かけるスイバも春には花をつけます。
そのどこにでもある雑草のようなスイバの花がとっても可愛いってこと、みなさん知ってましたか?



ほら、この色、この形、乙女チックでしょ~

20070426131515.jpg

小さい小さい花なので地面に膝をついて、目を凝らしてグッと寄ります。

20070426131540.jpg

息をとめて・・・震える腹筋と戦って・・・カシャ!・・・ハァハァハァ (´▽`)

20070426131551.jpg

背景は私の指です~これでどれくらい小さいかおわかりですか?

20070426131620.jpg

帰宅後調べた図鑑には、花の直径3mmと書いてありました。
雌雄別株だとも書いてありましたが、私には雌雄の区別はつきませんでした^^;
同じ株なのに、花からプロペラ状のものが下がっているものとないものがあるので、
雄花と雌花かと思っていましたが、そうではないようです。

20070426131828.jpg


山登りをしていて水を切らしたら、スイバを噛むと喉の渇きが癒せるといいますよね。
今でも山菜として日常的に食べている地域もあるそうですが、このスイバ、古くから薬用として用いられていたそうです。

天日乾燥させた花穂や葉を煎じて飲むと‘排泄系’に効き目があるそうです。
根をすりおろしたものを患部に貼ると‘インキン・タムシ’や‘カイセン’の治療に効果的だとか。
最近では制がん作用もあることがわかったそうですが、多用するとスイバに含まれる蓚酸が肝臓を傷めるそうなので、
素人が安易に用いるのは危険ですね。

秋になると、春の花と同じように可愛い色の実をつけます。

普段何気なく目にしている‘スイバの花’でした。

                            木場潟公園にて。

この記事のURL | 写真 | CM(10) | ▲ top
木場潟の夕焼け
- 2007/04/26(Thu) -
夕焼けモードで撮ったのでそれなりに夕焼け色が出ていますが、期待していたような夕焼空にはなりませんでした。

この樹は中央園地にあるどう撮っても絵になる、お気に入りの樹です^^



なぜか歪な太陽。 黒い点々は鳥です。アタマムシではありません。

20070426010858.jpg


今日は(もう昨日ですね^^)木場潟でたくさん写真を撮りました。
でも・・・もう今夜は寝なきゃ・・・お肌が^^;

みなさん、また明日。 おやすみなさい。
この記事のURL | 夕暮れ | CM(7) | ▲ top
山代中学校前 「そば滝」
- 2007/04/24(Tue) -
蕎麦打ち名人75歳!

最後におばちゃんのお蕎麦を食べたのは去年の桜の頃でした。
それから、何度かお店の前を通ったのですが、のれんがあがってないことが続いて。
それからずっとおばちゃんのことが気になって気になって、桜が咲いたらもっともっと気になって・・・
桜ももう終るという暖かな日の午後、やっとやっと会えました~C=(^◇^ ; ホッ!

おばちゃんそのままそのまま~と言ってカメラを向けたら、
それまで笑ってお話してたのに、急におすまし顔になりました^^
可愛く撮れたでしょ~?って見せたら、ちょっと照れて、ちょっと嬉しそう。



私はいつも‘おろし蕎麦’を食べます。(700円)
おばちゃんのお蕎麦は盛りがいいのでお腹にしっかりきます。
なのにこの日は 「あんたこのくらい食べるやろ?」 と大盛り(サービスなの)にしてくれました。
お腹ペコペコだったので嬉しかった~(^○^)

20070424210302.jpg

蕎麦打ちは力が要ると聞きますが、75歳のおばちゃんの打つお蕎麦はこしがあってもっちりとしてて、
とても食べ応えのある美味しいお蕎麦です。

時々幅の広~いお蕎麦があるのはご愛嬌。
シコシコとした歯ざわりが好きなので見つけるとラッキ~♪と思ったりします^^
‘蕎麦つゆ’ももちろん手作り。
加賀地方では珍しくちょっと濃い目で微かに甘い関東風です。

20070424210315.jpg

おろし蕎麦にはこのぴりりと辛い‘からみ大根’を使います。
可愛いお姿だけど、辛いのよ~これ。
辛いのが苦手な人には普通の青首で作ってくれます。

20070424210324.jpg

お客さんが取りに来るのを待っているおばちゃんの打ったお蕎麦。
できたら打ってるところを撮らせて欲しかったけど・・・それはまた次回に。

20070424210342.jpg

知らない間に本に載ってたと言って探し出してきたのは、
なんと‘おんぼらーと4月号’の‘あべゆみこ’さんの漫画でした。

☆あべゆみこさん~ おばちゃん嬉しそうでしたよ~

20070424210401.jpg

ひとしきりお話して、お代を払おうとしたら 「なんや?」 と言います。
「お蕎麦代だよ」 と言うと 「あんたからはもらえん」 などと言うのですよね。
「それはだめだめ」 と千円札を出したら細かいので欲しいと言うので小銭を探してたら
「あるだけでいいよ」 なんて言うのです。
ちょうど百円玉が7枚あったからお支払いしましたけど・・・
おばちゃん、私のこといつのまにか娘さんと勘違いしてしまっていたのかも?
75歳ですから、それも自然現象でしょう。

でも、お蕎麦の美味しさは‘あべゆみこさん’の旦那様が推薦しているように、
私も自慢(身内でもなんでもないけど)したい気持ちで推薦いたします。

20070424225357.jpg

お近くにお住まいの皆さま。
山代方面に行かれた折には、粟津温泉方行にちょっと曲がって、山代中学校前の 「そば滝」 に是非お立ち寄り下さい。


75歳のおばちゃんがひとりで切り盛りしている姿に打たれて、どうしてもここで紹介したくて。
(おばちゃんには説明しても何のことかわからなかったようですが^^)

お客様の 「美味しいね」 の一言がおばちゃんの支えになります。

みなさま、どうかどうかよろしく~!! <(_ _*)>


加賀市上野山代中学校前
0761-77-5517 (ココイ~ナ)
月曜定休 (営業日でも蕎麦がなくなり次第終了します)

地図はこちら
この記事のURL | ご飯 | CM(22) | ▲ top
| メイン | 次ページ