AX
慰労会
- 2006/07/16(Sun) -
Opus1  「麦畑」

     えっ!?なになに?? 誰か呼んだ??? 突然の乱入に会場は騒然^^



この記事のURL | 名称未設定_0 | ▲ top
合歓の花
- 2006/07/15(Sat) -
偶然という細く頼りない糸も、何本も拠り合えば、
運命という説得力のある現実になってゆくのだろうか。

                               唯川 恵 「あなたが欲しい」より



長いトンネルを抜けた私たちの目の前に、飛び込んできたのは、
枝いっぱいに花をつけた合歓の木でした。


ひとつひとつはこんなに儚げで頼りない花をつける合歓の木も
やがては大木となり枝を広げ花を咲かせる。

その圧倒的な存在感。。

この記事のURL | 名称未設定_0 | ▲ top
標本ね・・・
- 2006/07/12(Wed) -
女は本当にいろんなことを標本にしている。
そうして、思いがけない時に目の前に並べて、男を驚かせる。

                             唯川 恵 「100万回の言い訳」より




美しいものだけを集めた標本ならいいのだけれど。
その標本があることで苦しむのもまた、女なのだから・・・。


唯川恵の小説を読むと、なぜか安心するのです。
「ほ~らやっぱりね。私だけじゃないでしょ~女はみんなそうなのよ」ってね。
彼女が「女ってこういう生き物なのよ」って言い訳してくれるようで^^


この記事のURL | 名称未設定_0 | ▲ top
| メイン |