AX
タナカマナブさんのWS atオカフェ
- 2015/01/28(Wed) -
遠くなってしまったオカフェですが、

いつも素敵だと思っていたオカフェで使われてるカップ作りを

作家さん自ら教えてくださるという、素適な企画となれば、

なんとしても参加したい!

802_20140618073046563_20150128090806668.jpg

ということで、昨年9月の第一回目のWSで作らせてもらったカップができ上がりました。

004_201501280908068a9.jpg

真っ白な粉引きがとても良い感じ。

004 (2)

何箇所かヒビが入ってしまいましたが、釉薬を重ねることでカバーされているそうで・・・

使える器となりました♡

006 (2)

小鉢として常備菜を入れて、食事の度に使っています。

016R!.jpg

1回目のこの時は、円筒状の粘土の塊を彫ってカップ状にするところから始まったので、

けっこう大変でした。


みんな真剣、時間ぎりぎり^^

015_20150128090805ef5.jpg

そして先日開催された小皿作り。

2r550_20150128091325de8.jpg

平たく丸い塊を削るのか・・・と思っていたのですが、

すでに理想的なカタチに仕上がって(?)いるではないですか~

10714_728614217246632_5651606672665405973_n.jpg

これ以上私がさわったらせっかくの作品が壊れてしまいそうな気がして・・・

フチにシノギを入れるだけしかできなかった、小心者の作品となりました。(^^ゞ

仕上がりは2か月後、春風にのって~♪



オカフェといえば、お楽しみはコレ!!

1513787_728614167246637_5967934494333040987_n.jpg

先回(左)も、今回も(ゴマプリン・トロウマ)とっても美味しかったです。

マナブさんの器・・・やっぱり素敵!


3回目WS開催もあるといいな~


マナブさんの素適な作品も、2週間ほどオカフェで展示されるそうです。

ころんと可愛い手頃な大きさの土鍋がありました。

これでご飯を炊いたら、お焦げもできてきっと美味しいと思いました。



福井のテリフリさんにもマナブさんの作品が並んでいて、こちらでは大きな土鍋に強く魅かれました~(o^-^o)




今週は予定いっぱい!

今日は味噌作り~そろそろ大豆が煮上がるころです。

初めてのひとり味噌作り・・・わくわくです。

風花。

この記事のURL | 素敵福井 | CM(0) | ▲ top
CARNAと旧森田銀行本店
- 2013/04/22(Mon) -
あいにくのお天気だった昨日、所用で三国方面へ。

そこで今年初のCARNAジェラートを食べました♪


あれこれ迷って、「甘酒」と「人参」に。

そしてオマケの一口は「三国の海の塩」。

娘は「さつま芋」と「チョコレート」に、

「オレンジ」をオマケしてもらっていました。


fc2blog_201304212136310ee.jpg

ホーリーとカルナの搾りたてミルクと、

こだわりの安心素材から作られたジェラートは、

とても優しい自然の美味しさ。

近くにあったらせっせと通っちゃうのにね。


今回もシュークリームはお姿すら見られず・・・春は若鶏が多いので、

産卵が不安定なので要予約なんだそうです。
(このこだわりが嬉しいですよね)



そして、CARNAの斜め前。

以前からとても気になっていたバロック調の建物、

旧森田銀行本店の「お気軽にお入りください」の札に、

それでは・・・と入らせていただきました。

fc2blog_20130421213034055.jpg


漆喰の白とマホガニーの美しいコントラスト・・・圧巻でした。

fc2blog_2013042121355948a.jpg

レリーフが素晴らしい!!

職人さんの鏝による仕事だそうです。


手すりなどの木部にも美しい彫刻が施されていました。


fc2blog_20130421213446c4f_20130422093000.jpg


照明も建物の雰囲気とバランスよくマッチしていました。

20130421213251cdb.jpg


貴賓室とも呼ばれた会議室には、VIPなお客様しか入ることができなかったとか。

fc2blog_20130421213359543.jpg

床は寄木板張り、腰板には象嵌が品よく施されています。


資料によると・・・

1920年(大正9年)に完成した鉄筋コンクリート造2階建の近代建築。
福井県内に現存する最古の鉄筋コンクリート造り。
設計は横浜町会所(現・横浜市開港記念会館)や長崎県庁を手がけた山田七五郎。
天井には豪華な漆喰模様を施す一方、建物外観は茶系のタイル貼りで西洋の古典主義的デザイン。
国の登録有形文化財として保存されている。


三国に行かれた時には是非こちらにも。



iPhone画像で失礼しました。。

この記事のURL | 素敵福井 | CM(0) | ▲ top
「手の花」 の平飼い有精卵
- 2011/08/15(Mon) -
誠市に並ぶ骨董屋さんを見て、サバエドッグや玄米あずきバーなどを食べ、

憧れの「手の花」へと川沿いの道を走りました。(遠かった^^)


DSC08633N.jpg


昔むかしの湯治場のような素敵に古びた木造の建物、

以前(30年くらい前)は製材所だった建物なんだそうです。

この記事のURL | 素敵福井 | CM(0) | ▲ top
| メイン |